あみーちゃん便り

はなまるワンコのあみーちゃんの近況をぴ頂きました。

お久しぶりです。
ワンコライフ、最近見てなかったので、今日、コタちゃんが逝ってしまった事を知り、ボロボロ涙が流れました。
お悔やみ申し上げます。
ワンコは、健気にも人間の気持ちを知って静かに逝ってしまうのですね。
あみーも、我が家にお嫁にきてから3日で丸7年です。
年齢でいくと、10歳位でしようか。
まだまだ、お散歩大好き、いつも食欲旺盛、お得意のおしゃべりで、家族や周りの人達を癒しています。
最近、特に甘えん坊になり、(毎年同じ事を書いていますが)私が食事をしていると、私の膝の上に腕を乗せて
すりスリして甘えてきます。写真がその様子です。
c0026843_21234882.jpg
可愛くてたまりません〜
ママさん、パパさん、さぞかしお辛いと思います。
ニコルちゃん、大変そうですが、くれぐれも、ご無理のないように。
また、篠崎に連れていけたらと思っております。
お元気で。いつも、メールですみません


もう7年もたったんですね、穏やかで甘えん坊でおしゃべりが上手なあみーちゃん
みんなを幸せにして頑張ってるのね。

Mさんあみーちゃんとの毎日を思いっきり楽しんでください。

可愛かったなぁ~ 初めて犬と暮らすMさんにはピッタリの子でした。
とにかく1日でも元気で長生きしてほしい、仮母の祈りです。

[PR]

# by besukota | 2018-07-08 21:45 | Comments(0)

再手術

術後最初につけた首枷は翌朝には取れていて、少しサイズを小さくして安心していたらなんと傷口に舌が届く
みたら傷口が真っ赤に晴れてビックリして かかりつけの病院でカラーにつけ替えて、これで一安心と思いきや
とにかく傷口を気にして(痛いんですよね)舐めよとするから、今度はそのカラーで擦れて
傷口が開いて化膿し始めてる! 急遽再手術になって今度は全身麻酔でするので
ついでに固まっていた毛も寝ている間にマルガリータに

今度こそ絶対に届かないカラーで外側は私が緩衝剤をテープで張り付け大丈夫みたい
水曜日に手術してお腹に貼ったテープもまだちゃんとついてる

しっかしニコルとしては 次々に降り注ぐ災難に怒り心頭

ボク怒ってるよ
c0026843_13482762.jpg
c0026843_13495304.jpg
昼間の間じっと我慢をしていて、夜 人気が無くなったとたんに暴れ出します
2階にいるとドタバタ音がするもの
そして朝になるとカーテンのアレンジはこんなふうに変更
c0026843_13504853.jpg
c0026843_13511136.jpg
仕方ない 気が済むまでやっていいよ 抜糸まであと8日の我慢 我慢
最初の手術が鎮静剤だけでササッと終わりで痛み止めも出なかったので、帰りの車でもうたちまち間が覚めて
お腹痛かったよね 可哀想にね

こたポンがお世話になっていた病院で再手術しましたが、ここは休診日でも連絡すると対応してくださいます
お母さんが先生で娘さんがアシスタント やさし~~い雰囲気 私達もホッとします


ニコルは人間不信だけど食いしん坊なのが救いで、カラーがこの状態では自分でうまく食べられない
でもフードは手から食べてくれるし、お水はお父さんに教わってサークルにつけたボトルから飲めるようになって 偉い!

トイレはまあぁシートやそれ以外にも それは預かりっ子はみんなそう
だって今まで家の中で人のいる空間なんか知らなかったんだから

よく我慢して少しずつ現状を把握しているニコル  ただ見守るしかできないけど

ワンコって本当に健気にいろいろなことを受け入れてすごいなぁ


私なんて心が塞いで、このところやりきれない日々なのに・・・


[PR]

# by besukota | 2018-07-06 14:37 | Comments(2)

6.8kgオチビですが

家の中に犬の気配が無い事にてかねて、久しぶりにセンターに行きました。
ただ引き取るだけで何のお手伝いもせずに、メンバーの方には申し訳ありません。
c0026843_16115315.jpg
目が人間を信じてないですね。多頭飼育から来ました。
名まえは ニコル この目がニコッとする日が来るようにね
c0026843_16124297.jpg
シャンプーで大暴れをして、ケージにおちついたところです。 
サークルと連結して1日目の夜が明けたら
夜中にサークルの天井から脱出して、とにかく外へ出ようとしたらしく
出窓のカーテンはこんな感じにアレンジ
c0026843_16135215.jpg
シートにもそれ以外にも用を足して早起きの夫がおりてきたときは悲惨な状態だったようです
でビビリッ子お決まりのPC下に固まってセンターと同じ目で私達を見てる

このところめまいが始まりそうで疲れは禁物なのに ナゼ?自分でもそう思います。

体調を整えて来週に手術をしようと昨日予約の電話をすると
「えっ金曜日しか来られないんだったら今日来てよ、暇だから。」 by先生

土日に寝てればいいからよし!行くか・・・ ご飯も今朝は食べてないし

センターから来るときは車酔いしなかったのに
道が延々渋滞1時間ほどしたらリバース、動き出してすぐシッコはしてます。
梅雨明けのぎらぎら太陽の中、2時間かかって到着
手術はあっという間で、また帰りもさらに渋滞
麻酔もすぐに覚めて、すぐおシッコしちゃった臭い

これじゃ帰ってまた洗わなくちゃ

嫌なことばかり続いてるんだから オチビは全力で歯向かいました
c0026843_16142901.jpg
朝から出かけていた夫が帰っているもんだと思っていたのにいなかったし
ハァーー仕方ないか 心身ともに疲れも半端ない

消毒はしたけど夜には腫れてズキズキと痛くて、夕べは何度も目が覚めました。
朝一で病院に行きお薬と破傷風の注射をしました。

ハァーーは僕の方だよ、こんな苦しい首になっちゃって
c0026843_16153934.jpg
でもこれじゃお腹をなめられちゃうんですね
今日は1日寝てる予定の私なので、今に寝転がって監視しています。
ダメよ!というと一応やめてしばらくは我慢しているので
ニコルはきっと夜中になったら思いっきり舐めようと思ってるのかな?

どの子もみんな我慢しなくちゃならないのね ごめんね

多頭飼育の中で人との関わりも散歩も知らずにいた子が
センターで2週間を過ごし、訳の分からないまま我が家に来て
嫌な事ばっかりされて そりゃやってられないよね

私ももう少し休養し、ニコルももう少し落ち着いたら募集を始めますので
宜しくお願いします。

今日の所はここまで




[PR]

# by besukota | 2018-06-30 17:06 | Comments(10)

1週間

朝起きても、帰宅してもいないこたポン
ボディブローのようにじわじわと悲しみが身に応えて
何10年も犬がいるのが当たり前の暮らし
子供たちはそれぞれに巣立って行っても
ワンコ達は変わらずに居てくれたのに

あんなに可愛かったこたポンもおじいちゃんになってしまう
c0026843_19144272.jpg
皆さんから頂いた綺麗な花に埋もれてこっちを見てるけど、もいない
c0026843_19141578.jpg
自分たちがもう最後まで犬を飼えると 責任を持って言える年じゃない


今思えば、こまちゃんを是非にと迎えてくださったAさんは
お子さんが無く、40年以上たくさんの犬と暮らしてきて
預かりとしてはお2人の年齢を考えて、もう少し小さい子で5,6歳の子をと
何度もお願いしたけれど、どうしてもというご希望で
託してもう5年 どうしても犬と暮らしたいとおっしゃった気持ちが
いま よ~~くわかります。
c0026843_19122528.jpg
2年前にあまりのビビりでケージのまま篠崎に参加したあーちゃんも
奥様は私と同い年、これまでに8頭の保護犬と暮らしてきて
あーちゃんはその年に亡くした子とそっくりだからと、強いご希望で
c0026843_19133668.jpg
手前の直ちゃんはおまけね

こちらも年齢を理由にお断りしなくて本当に良かったと思います。
あーちゃんもコマちゃん同様おデブになっちゃったけど
ご夫婦は本当に幸せそうです。


私も もう少し早くもう1匹うちの子に迎えておけばよかったと後悔しています。
でもね、小太郎は預かり反対派だったし
介護も小太郎自身もちょっぴり辛かったから、そこまで思いが至らなかった。

寂しい・・ 悲しい・・ 愛おしい・・

べちゃーん こたーポン 抱きしめたいよぉ~


[PR]

# by besukota | 2018-06-10 20:07 | Comments(6)

小さな星になりました

歩けなくなってから12ヶ月めに入った6月3日
動くぬいぐるみのように可愛かった小太郎が、亡くなりました。

5月10日に虫の息から奇跡の復活をして1週間くらいは少しですけど
お肉のペーストも食べられましたが、その後はまた少量のヤギミルク、水、栄養ゼリーで
後は静かに寝ているだけの毎日 薄くなったお腹が上下していると安心

亡くなる2日前爽やかに晴れている青い空の中、抱っこで日光浴して
家に入ると いつもあまり定まらなかった視線が
パッチリと目を開いてジーーと私を見つめ続けてます
c0026843_17250881.jpg
c0026843_17254217.jpg
この目を見た時「おかあさん、さようならするね」って感じた
水も飲まなくなって後は静かに眠るだけ

元気な時から原因不明で顔と足以外の毛が抜けてしまったこたポン
皮が骨にへばりついた状態まで痩せた このままでは逝かせられない

昔編んだセーターを着せてあげたら、見ている私の心もホッとしました。
c0026843_17262411.jpg
日曜の午前中に息子も来てくれて、大好きなお兄ちゃんがわかったかな!
いっぱい遊んでくれたもんね 用事のある息子を送り
私の遅い昼食が済むのを待って 最後の時を迎えました。

お口は水で(最後に少しでも飲めるように)お尻も綺麗にお湯で洗って
乾かしている間にスーーと静かにべすくの所へ旅立ちました。
c0026843_17301582.jpg
私が看取ることが出来て良かった。
小さな体で頑張りすぎるほど頑張ったこたポン、ありがとう さよなら

私達の手を煩わせないようにと気遣いをして逝ったべすく
突然の死で私が受けた衝撃を、あのまん丸の目で見ていた小太郎は
手足が動かずに寝ているだけの辛い日々に耐えて頑張りぬいて
最後はちゃんと私が家にいる時に看取らせてくれた小太郎の気遣い

ワンコってみんな なんて健気なんでしょう
10数年間いっぱい笑って一緒に旅行に行ったね
山にも登ったね いっぱい遊んで、楽しんで家族を幸せにしてくれて

まぶしく晴れた空の中、今頃はフサフサになって走っているかしら!
c0026843_18273727.jpg
最後は体重が5キロ 小さなお骨になってべすくの隣に帰ってきました
c0026843_17310521.jpg
ちばわんから2匹目を迎えてくれた友人が、こたポンのポンのイメージでって
c0026843_17314071.jpg
可愛いまん丸いお花入り

息子の長男は小太郎の話を聞いて大泣きしたそうです
この世で1番可愛いくて大好きだったのはこたポンだったって


べすくの時はあまりの突然の衝撃に
私の心にはガーーンと重い鉄の扉がしまって感情が無くなったようでした
でも 小太郎は覚悟はできていたのにいざい亡くなったら とにかく悲しい

仕事に行けば大丈夫! 人に小太郎のことを話しても大丈夫
でも小太郎のいない家に帰るのが辛い
寝ながら私の帰宅の気配を感じて反応してくれたのに
1人になるとひたすら悲しい  もう犬と暮らせる年齢じゃない 寂しい
たくさんの思い出があるから なお悲しい


小太郎のファンだったみなさん、心配してくださった方々

ありがとうございました。













[PR]

# by besukota | 2018-06-05 20:51 | Comments(16)

定例いぬ親会篠崎

爽やかに晴れてたくさんの方が来場してくださいました、ありがとうございます。
メンバーの皆様草刈りや会場設定お疲れさまでした。
c0026843_22464871.jpg
私がセンターレポートに登場した時からなぜか心を掴まれたこの子
c0026843_22471653.jpg
ななみちゃん  こたポンも もう時間の問題と覚悟していたので
もし虹の橋に行っちゃってもセンターに居たら預かりたと思っていたら
あっという間にセンターを出て幸せのスタートラインにスタンバイ
昨日もいろいろなご家族がじっくりお話をしていたので、最後の頃にちょっとだけ
撫でさせた貰いました。 会えてよかった!


他に撮った写真は1枚だけ チビスケ母さんちの長くん
c0026843_22473409.jpg
長い間センターにいてやっと優しい優しいチビスケ母さんちでのんびりできました。
おっとりしてていい子ですよ
お顔大きめ足は短め、和みのオーラ全開の可愛い子です。

一緒に暮らしたら絶対に幸せにしてくれると思う。


風に吹かれて長時間陽を浴びているだけで とっても疲れるお年頃な自分(悲)


家に帰ったらもっと悲しいことが

ベっちゃんが大好きだったタクちゃんが昨日虹の橋に行ってしましました。
16歳 足はだいぶ弱っていたけれどまさか小太郎より先に逝くなんて
散歩友達が次々に星になってしまいます(泣)


こたポンは今日もちゃんと食べてくれました。
日光浴をした後 出窓の上に乗せて青空が見えるようにしておくと
丸~い目で静かに景色を見てます。




More
[PR]

# by besukota | 2018-05-21 23:25 | Comments(0)

明日は定例いぬ親会

久し振りにお手伝いに行きますよ~
可愛いワンコ達にも会いた~~い


[PR]

# by besukota | 2018-05-19 20:13 | Comments(0)

小太郎は

ここ2週間ほど、もうほんの少しの水と栄養ゼリーとヤギミルク
ほとんど声も出なくなり、毎日朝と帰宅した時には心がザワザワ
まさか冷たくなっているのでは・・
そっと手を当てて温もりがあるとホッとした毎日だった

でもさすがに一昨日は数日ぶりに小さなウンチをしたし
夜ミルクを飲ませた時の様子で、もうダメかなという息のしかただった

ベっちゃん迎えに来てくれるのかなぁ~
c0026843_22581129.jpg
寝たきりになって11ヶ月 辛かったね 小さい体でよく頑張った



と思っていたら、昨日は昼間も目を開いていて、いつもよりいっぱい水を飲んだ
夜になってミルクやゼリーをあげると、なんだかもっと欲しそうなので
dbfのササミ缶をあげたら、なんと1缶パクパク   え~大丈夫?

今日も朝からちゃんと起きていて、水を一杯飲み
おやつも食べ、夜も昨日と同じくらい食べて眠りました。

今にも消えそうな命が突然甦りました。まだそばにいてくれるのね
まだまだ頑張れるね、明日暖かくなったらお庭に出ようか

もう散り始めたけど、エゴノキのはなが満開だから 一緒にお陽さまにあたろう
c0026843_22583453.jpg
真っ白い花がみんなでこたポンに微笑んでくれるよ



[PR]

# by besukota | 2018-05-10 23:28 | Comments(6)

緊急のお願いです

花子は6年前にちばわんから譲渡したチェルナで、いぬ親さんご主人のほうが
昨年10月脳梗塞で半身不随となりその介護負担が大きいため、花子の終生飼育が
困難であると当時の預かりボラさんに相談が来ました。

体重14キロ、現在推定13歳ですが元気で毎日散歩にも行っています。
c0026843_22114833.jpg

[PR]

# by besukota | 2018-04-30 17:00 | Comments(0)

夏凛ちゃん(ポテコ)便り

キャベツをむいた時、飛んでくる子がいなくてふと寂しいなと思っていたら
夏凛ちゃんのママさんから可愛い写真が届きました。
みんなでお花見に行った可愛い写真 ママさんありがとうございます。

c0026843_15021068.jpg
c0026843_15023886.jpg
ご無沙汰しております。
早いもので4月も終わりますがお元気でしょうか?

かりんはウチに来てもうすぐ8ヶ月になります。
もう一年くらい一緒にいる感じがしますけど…

かりんは元気で過ごしていますが、来た時より胴回りが大きくなりました

相変わらずの食いしん坊で
みんなから少しご飯を貰っていたからなんです…
可愛い顔でじーっと見つめるのでついあげたくなってしまうんですよね~
今は気をつけています

写真は
4月にお花見に行った時のと、
お兄ちゃんに、バンダナを巻いてもらって、お利口にじっとしていた時の写真です

c0026843_15030594.jpg
懐かしいあの笑顔、誰だってねだられたら負けますよね。
でもダメダメすぐポテポテのお腹になっちゃいますよ。

どの子もみんな幸せになってくれて、ご家族もワンコライフを楽しんでいて
もと預かりはとーーても幸せ ワンコとの日々は宝物ですね。


[PR]

# by besukota | 2018-04-30 15:41 | Comments(2)