<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もう半年

5月から歩けなくなり、そのうち夜鳴きが始まりいろいろと対策をしても
なかなか老犬介護は厳しいです。

体操の仕事が終わったら必要な買い物を済ませて帰宅。
パートで1日留守の日は夫も普段留守がちなので
いっぱい鳴いているのかもしれない。
寝てばかりでは可哀想だし、もう床ずれもできているので
自分のことは何もできずに抱いたり、雨で外に出られない時は窓から
外を見せたり、動けない分部屋を粗相で汚すことが無いので
介護としてはとても楽なはずだけど、昼間もやたら訳もなく鳴いたり
夜中は仕事の無い夫が見てくれますが、私は2階で寝てても
鳴けば目が覚めて、薬が珍しく効いて小太郎は寝てるのに
夜中に目が覚めて眠れなったり

やはり高齢になって犬を飼うのは難しいとつくづく思います。
いまも小太郎はどうしたのか今夜は鳴いています。
どこか苦しいのかしら? 夫は小太郎の隣でもういびきをかいています。
まぁ夜中のために早い時間から寝てもらはないとね。

ピノコが全く手のかからない子なのでとてもたすかります。

以前は、老齢になって自分のワンコと暮らせなくなったら
預かりをしていけばいいと思っていたけれど
やはり精神的にも体力的にも難しい、寂しいですね。

こたポンの面倒を見るだけなのに、気持ちがどんよりして
何もしたくないし、小太郎がいなかったら家にも帰りたくない
外では今までと変わりなく過ごせますけど
家では何も楽しくない、何もしたくない ただ無駄に時間が過ぎる
日照時間の少ない影響は野菜だけではないようです。




[PR]

by besukota | 2017-10-25 22:27 | Comments(4)